メニュー選択
熱中症予防指針

本事業では、熱中症指標ランクにより実況(これまでの状況)と予測(これからの傾向)を熱中症指標ランクで表しています。各ランクにおける注意事項は次のとおりです。これらの情報を活用して熱中症予防に努めましょう。

なお、日常生活においては熊谷市の指針の他、日本生気象学会の「日常生活における熱中症指針」を参考に熱中症を予防しましょう。

スポーツなどをされる場合には、日本体育協会の熱中症予防運動指針なども参考にして熱中症を予防しましょう。

作業を行う際には、熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について(厚生労働省)に示された基準値表などを参考に熱中症を予防しましょう。

熊谷市における熱中症予防指針
WBGT熊谷市
熱中症指標
ランク
注意事項
31℃以上危険外出はなるべく避け、涼しい室内に移動しましょう。高齢者においては安静状態でも危険性が高くなります。
28℃以上31℃未満厳重警戒熱中症の危険性が高いので、外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意しましょう。
25℃以上28℃未満警戒熱中症の危険性が増すので、運動や激しい作業をする際は、定期的に充分な休息を取り、水分を補給しましょう。
21℃以上25℃未満注意熱中症の危険性は少ないですが、激しい運動や重労働時には発生する危険性があります。熱中症の兆候に注意しながら、定期的に水分を補給しましょう。
21℃未満ほぼ安全熱中症の危険性は少ないですが、特殊な状況では熱中症が発生することがあるので注意しましょう。

▼参考資料

日常生活における熱中症予防指針(日本生気象学会)
WBGT熱中症指標
ランク
注意事項
31℃以上危険高齢者においては安静状態でも熱中症を発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
28℃以上31℃未満厳重警戒外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
25℃以上28℃未満警戒運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
21℃以上25℃未満注意一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。
熱中症予防運動指針(日本体育協会)
WBGT熱中症予防
運動指針
(日本体育協会)
注意事項
31℃以上運動は原則中止WBGT31℃以上では、皮膚温より気温のほうが高くなり、体から熱を逃すことができない。特別の場合以外は運動は中止する。
28℃以上31℃未満厳重警戒WBGT28℃以上では、熱中症の危険が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。運動する場合には、積極的に休息をとり水分補給を行う。体力の低いもの、暑さになれていないものは運動中止。
25℃以上28℃未満警戒WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり水分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。
21℃以上25℃未満注意WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水を飲むようにする。
21℃未満ほぼ安全WBGT21℃以下では、通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分の補給は必要である。市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。
WBGT熱ストレス指数の基準値表(厚生労働省)
区分WBGT基準値(℃)
熱に順化して
いる人
熱に順化して
いない人

安静
安静3332
1
低代謝率
楽な座位;軽い手作業(書く、タイピング、描く、縫う、簿記);手及び腕の作業(小さいペンチツール、点検、組立てや軽い材料の区分け); 腕と脚の作業(普通の状態での乗り物の運転、足のスイッチやペダルの操作)。立体;ドリル(小さい部分);フライス盤(小さい部分);コイル巻き;小さい電気子巻き;小さい力の道具の機械; ちょっとした歩き(速さ3.5km/h)3029
2
中程度代謝率
継続した頭と腕の作業(くぎ打ち、盛土);腕と脚の作業(トラックのオフロード操縦、トラクター及び建設車両); 腕と胴体の作業(空気ハンマーの作業、トラクター組立て、しっくい塗り、中くらいの重さの材料を断続的に持つ作業、草むしり、草堀り、果物や野菜を摘む); 軽量な荷車や手押し車を押したり引いたりする;3.5〜5.5km/hの速さで歩く;追突2826
3
高代謝率
強度の腕と胴体の作業;重い材料を運ぶ;シャベルを使う;大ハンマー作業;のこぎりをひく;硬い木にかんなをかけたりのみで彫る;草刈り;掘る;5.5〜7km/hの速さで歩く。 重い荷物の荷車や手押し車を押したり引いたりする;鋳物を削る;コンクリートブロックを積む。気流を感じないとき
25
気流を感じるとき
26
気流を感じないとき
22
気流を感じるとき
23
4
極高代謝率
最大速度の速さでとても激しい活動;おのを振るう;激しくシャベルを使ったり掘ったりする;階段を登る、走る、7km/hより速く歩く。23251820
注1
日本工業規格Z 8504(人間工学-WBGT(湿球黒球温度)指数に基づく作業者の熱ストレスの評価-暑熱環境)附属書A「WBGT熱ストレス指数の基準値表」を基に、同表に示す代謝率レベルを具体的な例に置き換えて作成した。
注2
熱に順化していない人とは、「作業する前の週に毎日熱にばく露されていなかった人」をいう。
(出典)
「熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について(厚生労働省)」
詳しくは、熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について(厚生労働省)を参照ください。